ナンデモ解決!勉強ブログ

2021.01.10

音読って何がどういいの?

 

音読って意味あるの?

 

最近、教室でも音読しましょう!と

言うことが多いです👍

 

教室で音読しよう!と言われた

生徒さんも多いのではない

でしょうか??🙄

 

例えば英語の予備校会の権威である

安河内さんも音読をずっと推奨

していたりなど、音読勉強を提唱

する人は増えてきましたね😳

 

それでは音読の何がどういいの

でしょうか?🧐

 

今回はその効果を科学的に皆さんに

ご紹介致します⭐️

  

音読の持つ力とは?

 

日本の東北大学でとある実験が

行われました👨‍🔬

 

実験では文章を

 

黙読した時 

 

音読した時

  

の脳の活動を比較しました✏️

  

 

  

文章を黙読した時には

脳の舌状回という文字の認識に

関係する領域が大きく活動している

ことが分かりました

 

音読の場合には舌状回はもちろんの

こと、運動時に運動前野や補助運動野

その他言語理解な聴覚に関わる

上側頭回など、非常に多くの領域が

活動していることが分かりました💡

 

すなわち、音読と黙読では、脳の活動

範囲に圧倒的差があるのです😳

 

ここから分かることは物事を理解したり、

暗記するためにはいくつもの領域を使う音読の方が

効果的だという事です☝️ 

  

音読と黙読を上手く使おう!

 

音読の効果が科学的にも証明

されているということを上記では

述べました👌

 

ただし、音読にも多少のデメリットが

あること、そして黙読にもメリットが

あります🥺

 

音読のメリット

・脳の広い分野を使う音読は黙読

よりも暗記・理解を超強力にする

 

音読のデメリット

・黙読よりも読むスピードは落ちる

・あまり人前でしずらい

・黙読よりも体力を使う

 

黙読のメリット

・斜め読みなど、スピーディに読める

・どこでもできる

 

黙読のデメリット

理解は音読に比べるとかなり薄い

 

以上のことを羅列しましたが

私が普段音読と黙読をしてて強く

感じるのは

 

音読は体力を使う

 

ということです💪

 

やはり声を発して自分の脳内に

響かせるという作業は超強力ですが

スタミナを使いますので疲れます🙄

 

ただし、その疲れは必ず意味のある

疲れです⭐️

 

勉強って疲れるんです!

2時間本気で覚えようと音読したら

めちゃめちゃ体力を使います!

 

でもそれだけの効果があるというのは

保証します!!👍

 

なので、物事をインプットする時には

音読を絶対に推奨します!☝️

 

逆に試験や、アウトプットをする時

には時間の方に気を配らねければ

ならないので黙読の方がいいです👌

 

ただし、その時にサッとアウトプットできるのは、普段のインプットが

しっかり出来ているからです🥺

 

音読でインプットし、黙読で

アウトプットする

 

かなりおすすめな方法なので、ぜひ

勉強時に意識してみてください👍

「やる気になる」
開催中!

実施日程や得意科目・苦手科目、学校での学習進度、目標点などをヒアリングし、一人ひとりに合った内容を実施。無料体験授業実施後に、必ずお子様の「やる気になった顔」をお見せ致します!

詳しくはこちら

女子高校生