ナンデモ解決!勉強ブログ

入試対策

2020.05.31

知識だけつけても点数が取れない理由

 試験で必要な能力とは??

 

読解力

知識

解答力

時間配分力

問題の取捨選択力

↑↑↑

この5つが最低限必要になってきます

この5つの能力がクリアできれば、

各生徒が個々に掲げている目標に

辿り着くことは十分可能であると言えます。

 

今回はこの5つの内、

読解力・解答力・時間配分力

に焦点を当てて話をしていきます

読解力とは?

問題文から何を答えるべきか?

それを正確に把握して

思考につなげる能力です。

例えば下の問題をご覧ください。

(ア)がこの問題の1問目ですが、

それまでの問題文の長さが・・・膨大です

これを読み取ることから

問題を解くことが始まります!

大人でも読み始めることが

億劫になるかもしれないですね

 

読解のコツはただ1つ!

絵を描くこと

 

これに尽きます!

問題を読みながら

実際に絵を書いてみると、

問題の内容的にはそんなに難しくなく、

すらすら解けてしまうことも多いです

【問題文を読んで絵を書く】

これで読解力はどんどん付いてきます

 

解答力とは?

自分の頭の中にある膨大な知識から、

その問題を解くために必要な知識のみを

抽出して解く!

それが解答力です。

例えば下の問題をご覧ください。

地理の有名かつ毎年出題の雨温図の問題。

解くために必要な知識のみを抽出して解く

典型的な問題です。

 

このような頭の中を一旦整理してから

解く必要のある問題のコツは、

知っている各情報を問題用紙に

書き込むことです。

書いている内に、自分の頭の中の様子が

紙面上に具現化して、

自然と頭の中が整理されていく

実感が得られます

 

【知っている情報問題用紙に書き込む】

これで解答力もバッチリです

 

時間配分力とは?

時間が足りなくてできなかった・・・

この言葉を生徒も保護者も

聴いたことがきっとあるはず

 

時間不足=準備不足

 

時間内に解く練習

という準備が足りないと、

解ける問題も解けなくなります

そんな悔しい思いはしたくはないですよね

 

例えば下の画像をご覧ください。

 

問1~問5まで大問が有ります!

私は国語が得意だからやれば

解けるでしょ~

と思ったら最後

あれ!?最後まで解けなかった~~。

やれば絶対にできたのに・・・

となってしまう可能性

 

問1は5分

問2は7分

問3は12分

問4は15分

問5は11分

 

で私は解くように時間配分を意識します!

とこれは1つの例ですが、

同じテストでも時間配分を意識して、

その上で実際の時間配分はどうだったか?

集中力はどうだったか?

点数はどうだったか?

などを顧みて次に活かす事が可能です

 

【時間配分はあらかじめ想定しておく】

これが時間配分力です。

 

他の能力が気になる方は・・・

教室でお伝えしますよ~

「やる気になる」
開催中!

実施日程や得意科目・苦手科目、学校での学習進度、目標点などをヒアリングし、一人ひとりに合った内容を実施。無料体験授業実施後に、必ずお子様の「やる気になった顔」をお見せ致します!

詳しくはこちら

女子高校生